DOG POOL

SALON / HOTEL / FOOD / GOODS

薬膳食材

ひと工夫で薬膳ご飯に!!
薬膳とは、季節や体質に合わせて食材を選んで作る料理のことです。

中国には【医食同源】【食養生】という
食材にも薬と同じように身体を治す効果があるという考え方があり、今でも健康維持のために毎日の食事に薬膳が取り入れられています。

ワンちゃん、ネコちゃんの手作り食の材料に使ったり、粉砕して粉状にしたものをいつものフードに添加したり煎じたお茶(薬膳茶)でドッグフードをふやかしたりひと工夫で薬膳ご飯にしてくれる人気の食材を選んでご用意いたしました。

用語解説
帰経→食べ物が身体のどの臓腑に影響を及ぼすかを示すもの。
五性→身体に与える作用により、食べ物の性質を5つに分類したもの。
身体を温める熱性・温性、身体を冷やす寒性・涼性、身体を温めも冷やしもしない平性があります。
五味→食べ物の味を5つに分類したもので、酸・甘・辛・苦・鹹・の5つがあり、このほかに淡・渋の2つの味があります。

詳しくはこちらへ

【 早蓮草(カンレンソウ)】
肝と腎の陰を補い老化防止の妙薬として同じような働きを持つ女貞子とセットで使われることが多い。

詳しくはこちらへ

【 菊花(キクカ)】
肝の働きは目に関係すると言われています。

詳しくはこちらへ

【 金針菜(キンシンサイ) ヤブカンゾウの花 】
血を作る働きにすぐれ、精神を安定する働きやカラダにこもった熱を冷ます働きがあります。

詳しくはこちらへ

【 枸杞の実(クコの実) 】
腎に働きかけるのでアンチエイジングの妙薬として世界中で愛用されています。

詳しくはこちらへ

【 桑の葉(クワノハ)】
栄養価がとても高く、よく菊花と一緒に使われます。

詳しくはこちらへ

【 決明子(ケツメイシ)ハブ茶 】
決明子の「明」は明目の明です。
肝の熱を冷ます働きにすぐれ(肝陽上亢などに)、目の充血や痛み、イライラなどに効果があると言われています。

 

詳しくはこちらへ

【 五行草(ゴギョウソウ)スベリヒユの全草 】
馬歯莧(ばしけん)とも言われます。
熱を冷まし、解毒の働きにすぐれ、化膿症の皮膚炎や湿疹に使われます。

 

詳しくはこちらへ

【 山査子(サンザシの果実) 】
肉や脂っぽいモノの消化を助ける働きにすぐれ、食べ過ぎによる下痢にもよい。

詳しくはこちらへ

【 白木耳(シロキクラゲ)】
空気が乾燥する季節にオススメの食材です。
乾燥に弱い肺を潤す力が強いので、カラ咳や慢性の咳、皮膚の乾燥などにおすすめです。

 

詳しくはこちらへ

【 十薬(ジュウヤク)ドクダミの全草 】
解毒作用や殺菌作用が強いです。
乾燥させたものは生よりも解毒力が落ちますが、利水、通便作用があります。

 

詳しくはこちらへ

【 女貞子(ジョテイシ)ネズミモチの実 】
肝と腎の陰を補います。(※陰:潤したり熱を冷ます力)

詳しくはこちらへ

【 陳皮(チンピ) 】
温州みかんの皮を日陰干しにし、乾燥させたもの。
爽やかな香りが気を巡らし、胃腸の働きを助けます。

 

詳しくはこちらへ

【 棗(ナツメ)】
特に血を補い、脾と胃(胃腸)を丈夫にする働きが広く知られています。

詳しくはこちらへ

【 南蛮毛 (ナンバンゲ)】
水の巡りを良くして、不要な水を尿として出す働きに優れています。

詳しくはこちらへ

【 蓮の葉(ハスノハ)】
ほてりや喉の渇きやむくみを改善する働きがあります。

※「当サイトの商品情報は、お客様が商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。
「中国産の薬膳食材ですが、火山灰質の日本の国土より、中国大陸の気候や土の性質がチカラのある食材を育むと言われています。輸入の際、残留農薬検査をクリアした厳選食材のみ取り扱う国内の会社から仕入れています。